☆プラネタリウムLED化リニューアル情報☆

1月21日(月)から、
今年度の目玉事業「
プラネタリウム機器LED化リニューアル工事」がスタートしました。
今週いっぱいの作業で部品の取り外し工事が完了します。
めったにお目にかかれないオーバーホールの作業をレポートします。

  

21日(月)・・・ 本体の中のリニューアルする部分を取り外しました。本体両端の丸い部分(写真参照)が、主にリニューアルされます。
          当センターの機器はコニカミノルタMS8という機種です。
          
40年以上稼働し続けてきた歴史ある1台で、全国で5本指に入る古参機器だそうです。
          光源がハロゲン球からLED球にかわります。




22日(火)・・・取り外された部品が、愛知県の工場に向けて出発します。残された本体でも、まだまだ作業が続きます。




23日(水)・・・本体の電気系統の配線にも手が加えられます。細かい作業が延々と続きます。


24日(木)・・・MS-8の代替えで「MEDIA GROVE Ⅱ」というデジタルの投影機を、メーカーさんからお借りしました。

2月のサタプラではこのデジタルの投影機で映し出された星空をお楽しみいただけます。多くの方の来館をお待ちしています!